【ガチ体験談】退職代行で一発解決!嫌な上司から解放、代行サービス人気おすすめランキング!

 

退職代行で一発解決!

 

退職代行で嫌な上司や厳しい仕事から解放されるチャンスがあることをご存知でしょうか。

 

最近話題の「退職代行」サービスを使うことで、後腐れなく退職できます!

 

今回は、退職代行サービス人気おすすめランキングを紹介します。

 

退職代行で一発解決!嫌な上司から解放、代行サービス人気おすすめランキング!

 

目次 []

 

退職代行ガチ体験談!パワハラ上司から人生を取り戻した!

まずは、退職代行を体験してパワハラ上司から人生を取り戻した私の退職代行口コミ体験談を紹介します。

 

退職代行ガチ体験談!パワハラ上司から人生を取り戻した!

 

私は39歳で、食品販売の中小企業で営業部として働いていました。

 

仕事は特に変わり映えのない商品の販売がメインでしたが、その職場にいる上司がとにかく酷い人間でした。

 

業績が悪かった場合、該当の従業員を罵倒し、見世物のように部署全員の前で反省を言わせ、その後も罵倒を繰り返すような上司でした。

 

パワハラ上司の存在のせいで鬱寸前まで精神的に参っていた私は退職願を出しましたが、目の前で破られてしまいました

 

 

そこで、なんとか退職できないものか考えていたら、「退職代行サービス」の存在を知りました。

 

話を伺うと、私と企業の仲介をして、退職の手助けをしてくれることが、退職代行サービスだと説明されました。

 

退職代行サービスこそ私が求めているものだと信じ、退職代行サービス業の「EXIT」に依頼しました。

 

 

退職代行の口コミ体験談でも言われていましたが、法律に触れない程度の退職代行なので会社が「訴える」といっても効果なし。

 

会社側は労働力がなくなるのを恐れて抵抗しましたが、すんなりと退職代行で退職することができました

 

退職代行サービスの人たちが「その会社はおかしい」と背中を後押ししてくれたため、パワハラ上司から人生を取り戻ることができました!

 

私の口コミ体験談は、退職代行のほんの一例です。

 

数多くの退職代行の口コミ体験談が、老若男女問わず存在しているので、口コミ体験談をチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

一番信用できる退職代行の口コミ体験談を糧にして、自分もブラック企業やパワハラ上司から逃げ出し、人生を取り戻しましょう!

 

 

退職代行とはどんなサービス?向いてる人、向いてない人を解説!

退職代行とはどのようなサービスなのでしょうか。

 

退職代行に依頼することに対して向いている人と向いていない人についても紹介します。

 

退職代行はどんなサービス?向いてる人、向いてない人を解説!

 

退職代行とは、「退職したいけど退職できない」人のためのサービスで、自分の代わりに「退職したい」と伝えてくれる業者です。

 

例えば、退職届が受理されなかったり、上司があまりにも怖すぎて辞めたいと伝えられないことはないでしょうか。

 

その場合、一人で立ち向かうのは本当に勇気がいる行動なので、退職代行に相談してみてください。

 

退職代行サービスに依頼することをおすすめする人は、「本当に辛いけど辞められないと思っている人」です。

 

 

本当に鬱寸前で、きついけど会社が怖いという人は「洗脳」されています。

 

その洗脳を解くためには第三者が後押しする必要がありますよね

 

その第三者の役割としてぴったりなのが、退職代行サービスです。

 

退職理由に関しても一緒に考えてくれ、直接自分と企業に立ち会うことこそできないものの、電話一本で退職に携わる橋渡しはしてくれます!

 

会社に出社することなく退職できるかもしれません!

 

 

逆に、退職代行サービスを受ける必要がない、向いていない人は、「同業種への転職を考えている人」と「ブラック企業でないのに辞めようとしている人」です。

 

退職代行を利用して自分で退職の意思を伝えないのは、会社側からしたら「失礼に値する」と思いますよね。

 

自分に悪評が流れる可能性があるので、その会社とコンタクトがある同業種への就職は難しくなってしまいます。

 

また、会社がブラックではなく、自分を育てようとしてくれているのに退職代行を利用した場合は、申し訳なさが残りますよね。

 

 

退職代行の事例、こんな時に活用せよ!

退職代行の事例についても紹介します。

 

退職代行の事例、こんな時に活用せよ!

 

退職代行を利用するかどうか悩んでいる場合、事例を参考にしてください。

 

退職代行の事例その1「ブラック企業から逃げることができた」

こちらの退職代行事例を紹介します。

 

私の場合、ブラック企業から逃げたいために退職代行を利用しました。

 

 

会社が本当にブラックで、毎日6時起きなのに深夜過ぎに家に帰る生活でした。

 

労働時間が14時間で、月の残業時間も多く、残業代も出ませんでした。

 

自分にも家族がいるのですが、仕事を辞めることで家族を養っていけなくなると思い、何も考えずにただひたすら働き続けました。

 

しかし、やはり自分にも限界が来て、一度会社に「きつすぎるからやめたい」と伝えました。

 

しかし、上司から大目玉を喰らい、退職に関してもうやむやにされました。

 

 

精神的にも体力的にも限界だったので、利用する退職代行の事例を調べ、「今後一切会社に出向く必要なく退職できる」と知り、私も退職代行を利用することにしました。

 

退職代行を利用して、「これからは一切出社する必要はない」と、事例通りの説明をしてくれました。

 

その言葉に安心して退職代行を任せました。

 

 

思った以上にスムーズに辞めることができたため、大袈裟な事例ばかりではないと実感しました。

 

 

退職代行の事例その2「パワハラ上司から人生を守った!」

こちらの退職代行事例を紹介します。

 

私は勤務形態自体はブラックではなかったのですが、上司があんまりでした。

 

 

部下を食いつぶすことしか考えていないような課長がいたのですが、この課長のせいでストレスで鬱になった人が何人もいます。

 

男性には無理な労働を押し付け、残業することになったら嫌味を言われ、自分は定時に帰るような人でした。

 

逆に、女性にはひたすら優しいのですが、下心が見えるタイプだったので、全部下から嫌われています。

 

 

この上司が本当に我慢ならなかったので、退職代行の事例を調べ、パワハラ上司がいたとしても退職代行してくれることを理解して、退職代行を依頼しました。

 

退職代行で相談を受けてくれた人から「完全なるパワハラ、自分の身を守るために辞めて当然」と、言ってくれたのが後押しになりました。

 

電話一本で退職の旨を伝えてくれ、出社なしで退職することができました!

 

 

その後、その会社の人間から「どうやって退職したんだ」と言われたので自分の事例を紹介し、その事例を糧に同僚たちも退職代行を利用し、次々と退職していきました

 

退職代行の事例その3「辞めたいといったら「1千万円請求する」と言われた」

こちらの退職代行事例を紹介します。

 

私の場合は、会社がブラックだと早々に気づくことができたので、入社して早い段階で「退職したい」との旨を会社に伝えました。

 

しかし、そこで上司から出た言葉は「損害賠償として1千万円請求する」とのことでした。

 

私は法学部を卒業していることもあって、そんな賠償金は支払う義務がないことを知っていましたが、辞めること自体をうやむやにされ、なかなか退職できないでいました。

 

 

弁護士を雇って退職するにしてもお金がかかるので、ここは思い切って退職代行を利用することにしました。

 

退職代行の人からは「しっかりした判断。なかなかない事例ですよ」と、危機管理について褒められましたが、このようなレアな事例でも、スムーズに退職について話を進めてくれました

 

上司は退職代行に対しても「1千万円請求する」と言ったようですが、退職代行業者が「そんな義務はない」と論理的に論破してくれたようでした。

 

 

退職代行は法律違反でないので、どのような事例も法に引っ掛かることはないものばかりです。

 

後腐れなく会社を辞めたい場合は本当におすすめできます!

 

 

退職代行の料金や値段とその内容の差は?

退職代行の料金や値段、その内容の差を紹介します。

 

退職代行の料金や値段とその内容の差は?

 

 

退職代行の料金や値段の相場はおおよそ「5万円前後」になります。

 

まだそこまでポピュラーではない業者なので、これから退職代行の値段の移り変わりが激しくなる可能性はありますが、現状ではおおよそ5万円の予算の元、退職代行の料金に関して相談するようにしてください。

 

 

また、退職代行業者によって、「社員」「アルバイト」で別れている傾向があります。

 

正社員の場合は5万円、アルバイトの場合は3万円というように退職代行の金額が分かれているため、退職代行の料金・値段設定に関しては非常にわかりやすいです。

 

4万円と3万円の違いは本当に「社員かアルバイトかどうか」だけなので、仕事内容に関しては特に違いはありません。

 

ただ、社員のほうが退職手続きでやることが多いため、退職代行の料金にいくらかの差が出ているわけです。

 

 

基本的に電話を入れて自分が退職したい旨を伝えて、その後の処理も承ってくれるため、サービス内容に関してはどの退職代行も同じようなものです

 

そのため、ただ料金や値段が安い退職代行業者に依頼するという方法も有効です。

 

 

退職代行サービス人気おすすめランキング!

退職代行サービスで人気おすすめランキングを紹介します!

 

どのような業者が退職代行サービスの質がいいのでしょうか!

 

退職代行サービス人気おすすめランキング!

 

第1位、退職代行「EXIT」の費用と特徴

依頼するなら退職代行「EXIT」に依頼するのがおすすめです!

 

EXITの退職代行費用は、「正社員・契約社員は5万円」「アルバイト、パートは3万円」で完全固定です。

 

これ以上の退職代行の代金は必要ないと考えると、精神的苦痛になったときの医療費などと比べると格段に安いですよね!

 

 

EXIT自身が「退職代行の先駆け」という文字を掲げているのもあって、顧客は多く集まります。

 

さらに、退職代行のEXITはスキルが確かなものなので、EXITの口コミやレビューには、「依頼して本当によかった」という声ばかりありました。

 

もちろん、即日退職も承っているので、様々な退職代行に関する悩みも解決する能力も備わっています!

 

 

また、その後のアフターサービスも充実していて、例えば次の職場でまた同じように肌に合わないと感じた場合は、次回以降の退職代行の依頼料が1万円安くなります

 

できれば退職代行に関しては1度しか経験したくはないのですが、また退職代行を利用したいと思っていたり、自分に自信がないという人は、EXITで退職代行してもらってはいかがでしょうか。

 

第2位、退職代行「SARABA」の費用と特徴

退職代行「SARABA」も退職代行を依頼するならおすすめです!

 

退職代行SARABAの料金は「コミコミで3万円」です。

 

職業などは一切関係なしで一律3万円の退職代行の料金になりますので、決められた予算で対応してもらうことが可能です。

 

さらに、退職できなかった場合は退職代行料金を返すシステムなので、非常に安心できる退職代行サービスですよね!

 

 

退職代行SARABAを利用するメリットは本当にたくさんあり、例えば、即日退職を希望している場合、即日で退職することができるようなプランを練った上で、退職まで導いてくれます。

 

その際の職歴は一切関係なしです。

 

 

相談する際の対応力も高いので、SARABAの口コミでも「親身になって相談を聞いてくれた」という声が特に多かったです。

 

さらに、退職代行SARABAに関する相談は何度でも無料なのもポイントが高いです。

 

 

安心できる保証制度がついているとはいえ、退職代行SARABAは実際に退職代行スキルも高く、多くの人を仕事の苦痛から解放させることができる業者です。

 

 

 

 

 

第3位、退職代行「コンシェルジュ」の費用と特徴

退職代行「コンシェルジュ」は退職代行を依頼したいならおすすめです!

 

退職代行コンシェルジュの費用は「正社員、契約社員、派遣社員は49,800円」で、「アルバイト、パートは39,800円」です。

 

この金額以上の追加料金を取られることもないので、安い料金に安心と信頼を兼ね備えているといっても過言ではないでしょう。

 

さらに、退職代行コンシェルジュでは頻繁に割引セールが開催されていて、料金が一律30,000円になることもあります。

 

できればこのような割引サービス時にコンシェルジュで退職代行を依頼したいですよね!

 

 

さらに、コンシェルジュの退職代行成功率は、「100%」です!

 

依頼したら必ず退職までお世話してくれるも同然なので、退職代行スキルと対応力はお手の物であると予想することができますよね。

 

 

退職代行コンシェルジュは実力と安さの両方を兼ね備えた退職代行サービスを展開してくれるため、口コミでもよい評価が多いです。

 

スマホで無料相談することもできますので、気軽に依頼することもできます!

 

 

第4位、退職代行「ニコイチ」の費用と特徴

退職代行を依頼したいなら、退職代行「ニコイチ」がおすすめです!

 

退職代行ニコイチの料金は「一律4万円」で、アルバイトだろうが正社員だろうが、この料金で質の高い退職代行サービスを受けることができます。

 

 

退職代行ニコイチの特徴は、「創業14年の歴史」があることです。

 

14年の間に顧客満足度を積み重ねていき、最終的に退職代行依頼件数が4,000件を超えるまで成長しました。

 

退職代行ニコイチのスキルが高いのも判断材料ですが、その他にも「謝罪代行」「早退代行」などの業務も承っていることもポイントです。

 

退職以外でもお世話になる可能性があるわけなので、必然的にニコイチにも退職代行サービスがあると知る機会があるということですよね。

 

 

ニコイチで退職代行以外のお世話になっていたら、退職代行時も気軽に相談できるのではないでしょうか!

 

 

第5位、退職代行「辞めるんです」の費用と特徴

退職代行を依頼したいなら退職代行「辞めるんです」をおすすめします!

 

退職代行辞めるんですの費用は「5万円一律」で、追加料金は一切かかりません。

 

他の退職代行と比べるとやや高いかもしれませんが、辞めるんですでは定期的に1万円割りを実施しているので、チャンスを見極めて依頼すれば、4万円で苦痛からおさらばすることができるでしょう。

 

 

退職代行を辞めるんですに依頼するメリットは、「絶対に法を犯さない」ということです。

 

辞めるんですの顧問弁護士が常に業務指導しているので、その指導が退職代行に活かされている形になります。

 

非弁活動をすることなく退職代行依頼を遂行してくれる能力があります!

 

有給消化や次の就職先へ響かないように依頼を遂行してくれるのも、ポイントが高いですよね!

 

 

第6位、退職代行「RETIRE」の費用と特徴

退職代行を依頼したいなら退職代行「RETIRE」をおすすめします!

 

退職代行RETIREの費用は、基本的には「2万円~4万円」ですが、電話対応料金が一回ごとに1万円追加されるので、2万円~4万円は基本料金と思ってください。

 

また、特急、深夜対応などの場合は別途オプション料金が加算されます。

 

そのため、企業側との対応によっては長引いたせいで金額が上乗せされるかもしれないのはリスクになります。

 

しかし、退職代行RETIREではそのような口コミは少なく、退職代行スキルが高いため、ほとんどの人が1回の電話で退職することができています

 

 

RETIREの退職代行が高いと言われない所以は、退職代行スキルが高く1回電話料金の1万円と基本料金だけで済む場合がほとんどだからです!

 

 

第7位、退職代行「メンター」の費用と特徴

退職代行を依頼したいなら退職代行を「メンター」がおすすめです!

 

退職代行をメンターの費用は「正社員、派遣社員が5万円」で、「パート、アルバイトは3万円」です。

 

ただし、即日対応、土日祝日の実行などで追加料金が発生するので、基本料金よりも代金が上乗せされる可能性はあります。

 

それでも、追加オプションが発生しないように依頼すれば基本料金分で済むので、安い退職代行サービスだと思っていいでしょう。

 

 

メンターは電話での退職代行専門ですが、まさに「専門」という名にふさわしい対応力を見せてくれます。

 

メンターの退職代行は良い口コミが多く、「電話一本で退職できた」という声が非常に多いため、安心して利用できるのではないでしょうか。

 

信頼と実力を兼ね備えている退職代行サービスを展開してくれるでしょう。

 

 

第8位、退職代行「ヤメヨッカ」の費用と特徴

退職代行を依頼したいなら退職代行「ヤメヨッカ」に依頼するのをおすすめします!

 

退職代行ヤメヨッカの退職代行費用は「アルバイト、パートは5万円」「正社員は7万円」ですが、継続勤務5年以上の場合は10万円費用としてかかります。

 

そのため、他の退職代行業者よりも料金が高くなる可能性があることを覚えておいてください。

 

料金が高い代わりに「円満退社」に導いてくれる可能性がもっとも高い業者でもあります。

 

 

退職代行ヤメヨッカが「円満退社」をモチーフにしているため、企業側ともめることなく退職することができます。

 

実際、退職代行ヤメヨッカのサービスの満足度は96%と高い数字を誇っています。

 

たくさんの人が退職の際揉めなかった証拠でもありますよね!

 

質のいい退職代行サービスと思って構わないでしょう。

 

 

第9位、退職代行「ヘルプマン」の費用と特徴

退職代行を依頼したいなら「ヘルプマン」に依頼するのをおすすめします!

 

退職代行ヘルプマンの退職代行費用は「1回3,240円~」です。

 

ヘルプマンの場合は基本料金が安いのですが、様々なオプションが多く設定されているので、実際には退職代行の平均代金程度のお金がかかると思ってください。

 

電話対応1回につき1,080円という情報もありました。

 

 

ヘルプマンの退職代行者は、昔、退職に関して悩んでいた人が多く、その人たちの経験のもと、トラブルを起こさないように辞めることができるかどうか考えてくれます

 

電話対応の実力もピカイチですので、退職代行業者の中でも質は高いことに違いありません

 

 

同じ経験をした人たちが展開するサービスですので、顧客の気持ちをしっかりと理解した上でビジネスを行っています。

 

そのため、ヘルプマンの退職代行は顧客に寄り添う形で行われるのもおすすめポイントです。

 

 

第10位、退職代行「Change Life」の費用と特徴

退職代行したい場合は「Change Life」に依頼してみてはいかがでしょうか。

 

Change Lifeの退職代行費用は「正社員4万円」「アルバイト3万5千円」です。

 

非常に安い料金なのがChange Lifeのおすすめポイントのひとつです!

 

 

さらに、Change Lifeの場合は、退職代行で企業側がゴネたり、思うように事が運ばなかった場合は、Change Lifeの顧問弁護士が同席して退職の旨を企業に伝えてくれます

 

退職代行業者では企業との話し合いに同席することはできず、基本的に電話対応する形になるのですが、弁護士はちゃんとした権限のもと同席してくれるため、違法行為ではありません。

 

さらに、顧問弁護士を雇う場合は、退職代行費用の3万5千円~4万円の間で引き受けてくれるため、普通に弁護士を雇って退職代行してもらうよりも安上がりです!

 

 

第11位、退職代行「すっきり電話代行」の費用と特徴

退職代行を依頼したい場合「すっきり電話代行」に依頼してみてはいかがでしょうか。

 

すっきり電話代行の退職代行費用は「基本料金1万円(電話1回)」です。

 

しかし、即日対応、録音などその他のオプションを利用したい場合は、別途料金がかかります。

 

そのため、長引けば長引くほど電話する機会が増えるので、料金が上乗せされる可能性はあります

 

 

とはいえ、すっきり電話代行は基本料金が安く、オプション料金もそこまで高くはない(3千円~5千円程度)ので、他の退職代行業者と比べて料金が跳ね上がることはないでしょう。

 

退職代行技術も高いため、すっきり電話代行の口コミはいいものが多いです。

 

すっきり電話代行の公式ホームページに事例がいくつもあるのが、退職代行技術が高い証拠になります。

 

 

退職代行の評判口コミを調査

退職代行の評判・口コミをいくつか調査してたので、見てみましょう!

 

退職代行の評判口コミを調査

 

退職代行の評判・口コミ①
あまりメジャーな業種ではなかったため弁護士を雇うか迷ったのですが、退職代行に依頼して正解でした。
口コミや評判もいいものばかりで、成功事例も多かったので、最終的に信頼して依頼できました!

 

退職代行の評判・口コミ②
上司にセクハラされていたのですが、セクハラの旨を退職代行業者に伝えると、「完全に違法」だと説明してくれ、それを武器に退職代行を遂行してくれました。
口コミ・評判通り、電話1回で即日退職できたのも嬉しかったです。

 

退職代行の評判・口コミ③
辞める予定の会社に顔を出すのはなんとなく嫌だったので、退職代行サービスを利用しました。
退職代行業者は「安心してください」と一言声をかけてくれ、本当に1度も会社に赴くことなく退職することができました。
退職代行の口コミや評判でも言われていましたが、本当に仕事が早く、我々労働者の味方になってくれました!

 

退職代行って合法?違法?非弁行為にあたること、あたらないこと

退職代行は合法なのでしょうか、違法なのでしょうか?

 

退職代行って合法?違法?非弁行為にあたること、あたらないこと

 

 

基本的に、退職代行は「合法行為」です!

 

退職すること自体も違法ではないので、第三者が電話で「〇〇さんが辞めたいと言っている」と伝える退職代行は違法にはなりません。

 

 

しかし、退職代行業者が行えない行為も存在します。

 

これをやってしまうと退職代行も違法になってしまいます。

 

それは「非弁行為」という、会社と直接交渉して退職に持っていく行為です。

 

 

会社と金銭的な交渉を行うことができるのは弁護士、場合によっては司法書士と決まっています

 

他の人が交渉を行うことを「非弁行為」と言いますが、退職代行業者は弁護士でも司法書士でもないので、残念ながら非弁行為(違法)に当たってしまいます。

 

 

退職代行業者にできないことがあるとはいえ、基本的にこのような退職代行で違法行為に走らなくても、退職することは可能です。

 

電話1本で退職する旨を伝え、場合によっては法律や弁護士への依頼を盾に、退職代行が戦ってくれるからです。

 

会社がブラックならなおのこと会社はすくみあがりますよね!

 

そのため、わざわざ弁護士や司法書士を雇わなくても、違法に気を付けさえすれば退職代行業者に依頼することで退職することができるのです!

 

 

退職代行サービス(代行業者)に依頼するケース

退職代行を退職業者サービス(代行業者)に依頼するケースを紹介します。

 

退職代行サービス(代行業者)に依頼するケース

正直、「会社を辞めたい」「会社が辛い」と思ったらまずは退職代行サービスに依頼することをおすすめします。

 

理由は、会社を辞める程度なら弁護士や司法書士を雇う必要はなく、退職代行サービスがほぼ100%の確率で会社を退職させてくれるからです。

 

その上料金も弁護士や司法書士を雇ったケースよりも、退職代行サービスを依頼したほうが安上がりですので、メリットしかないことがわかります。

 

 

デメリットをあげるとすれば、非弁行為ができないことくらいです

 

しかし、ほとんどの退職代行業者では退職代行サービスの満足度、退職代行成功率は100%か、それに近い数字です!

 

退職代行業に企業仲介や直接交渉は必要がないと数字で表しているようなものですよね。

 

 

退職に関する相談もほとんどの退職代行サービスは無料で、お金をかけることなく味方を作ることだって可能です!

 

一度話を伺ってみてはいかがでしょうか!

 

 

退職代行を司法書士に依頼するケース

退職代行を司法書士に依頼するケースを紹介します。

 

退職代行を司法書士に依頼するケース

退職代行を司法書士に依頼するメリットは、「140万円以内の金銭的交渉ができること(認定司法書士の場合)です。

 

この部分は、退職代行業者よりも交渉の幅が広がるので、間違いなく退職代行業者よりも優れている点です。

 

例えば、「入社したけど条件が違う」「明らかに違法のブラック企業だった」という場合、こちら側も慰謝料を請求したいくらい、ストレスが溜まっているでしょう。

 

司法書士の場合、140万円以内の交渉をしてくれますので、慰謝料を獲得したい場合に活用するといいでしょう。

 

 

料金に関しても、実は退職代行業者とそこまで差はありません

 

司法書士に退職代行を依頼するデメリットは、「司法書士は法律のプロであって退職代行のプロではない」ということです。

 

退職代行に関する法律の知識さえあれば、大抵の人は「司法書士」と聞いたら震えあがるかもしれませんが、専門にしているわけではないことは忘れないでください。

 

直接交渉できないとはいえ、退職代行に関する知識と実践力は、退職代行業者の方が優れている可能性があります(司法書士、退職代行業者それぞれの技量にもよります)。

 

 

退職代行を弁護士に依頼するケース

退職代行を弁護士に依頼するケースを紹介します。

 

退職代行を弁護士に依頼するケース

退職代行を弁護士に依頼するメリットは、「交渉に一切の制限がないこと」です。

 

司法書士に退職代行を依頼する場合も、140万円以内なら受け付けてはくれますが、弁護士は200万円でも300万円でも交渉してくれます

 

本当に辛くて精神的苦痛を訴えたく、退職するだけでは物足りない、慰謝料を請求したいという場合は、退職代行を弁護士に相談しましょう。

 

法的に民事訴訟を起こすことで、退職代行代わりになるかもしれません。

 

 

退職代行を弁護士に依頼するデメリットは、「お金がかかる可能性がある」ということです。

 

弁護士の退職代行サービス自体は退職代行業者とそこまで変わりませんが、慰謝料を別途請求したい場合などは、それなりの費用がかかります。

 

 

退職代行してもらうだけなら弁護士より退職代行業者のほうが安上がりですので、慰謝料までは考えていないのなら、わざわざ退職代行を弁護士に依頼する必要はありません

 

また、弁護士事務所にもよりますが、退職代行に関する相談にも「法律相談代金」がかかるかもしれないので、退職代行を弁護士事務所に問い合わせるようにしてください。

 

 

退職代行Q&A

退職代行に関するQ&Aにお答え致します!

 

退職代行に関してピンと来ない人は、まずは小さな疑問から解決するようにしましょう!

 

退職代行Q&A

 

 

退職代行で問題・トラブルが起こるケースはある?

退職代行で問題・トラブルが起こる可能性について紹介します。

 

基本的には、退職代行で問題・トラブルは起こりません

 

退職するしないは労働者に与えられた権利で、その権利の施行を手助けするだけだからです。

 

退職代行に問題が起こる可能性があるとすれば、退職代行業者が非弁行為を行った場合くらいでしょうか。

 

会社側に知識があった場合、非弁行為を見抜かれ、こちらの立場が不利になる可能性があります(それでも退職自体はできます)。

 

その場合は退職代行業者の不始末ですので、対応してもらうようにしましょう。

 

 

退職代行で引き継ぎはどうする?

退職代行を利用して退職した場合、引き継ぎはしなくていいのでしょうか。

 

実は、退職代行サービスを利用することで、引き継ぎなしで会社を即日で退職することも可能です。

 

会社側が「引き継ぎ期間まで働いてくれ」と引き止めたとしても、労働者には退職の権利があるため、その決心を伝えれば会社側からは手出しされません。

 

その決心を伝えるのが対抗業者の役目ですので、彼らに任せておけば、退職代行で引き継ぎなしで会社に出社する必要もなく退社することができるでしょう。

 

 

退職代行が失敗することはある?

退職代行が失敗するケースは、基本的にはありません

 

労働者の「辞める権利」を剥奪することはできないからです

 

 

しかし、会社側がしぶとく、「弁護士を雇う」などと言ってきた場合、退職代行だけで戦うのは不利になります。

 

このケースは失敗ではありませんが、こちらも弁護士を雇ったほうがいいでしょう。

 

 

また、退職代行業者が退職代行に失敗した場合、料金を返してくれるような「保証制度」があるかもしれません。

 

退職代行業者に確認しましょう。

 

 

退職代行で損害賠償はされるのか?

退職代行を利用したせいで、会社から退職代行の損害賠償を請求されることはあるのでしょうか。

 

実は、会社の退職代行に対する損害賠償請求は「ただの脅し」である可能性が高いです。

 

育成費用や引き継ぎ云々で会社が機能しなくなった場合だとしても、退職代行を利用したせいで損害賠償された事例は少なく

 

仮にされたとしても、こちら側に重大な欠損事項(無断欠勤など)がない場合、無効になります(万が一請求された場合は弁護士は雇ったほうがいいです)。

 

退職代行を利用した場合でも、利用せず退職した場合でも、会社からの損害賠償請求に耳を傾ける必要は一切ありません

 

 

退職代行で就業規則は関係ない?

 

退職代行で就業規則は考慮してなくてはいけないのでしょうか?

 

就業規則は会社が定めた法律のようなもので、例えば「退職するなら上司に直接言う」「30日以内に届け出を出す」ように定められているはずです。

 

しかし、就業規則は「労働基準法」より優先されることはありません

 

労働基準法に退職の規定がないため、退職を告げてから1日で辞めようが問題はないわけです

 

企業に対し、「労働基準法では規定されていない」と、退職代行業者も就業規則を一蹴りしてくれるでしょう。

 

利用するに当たって、退職代行で就業規則のことを考える必要は一切ありません

 

 

退職代行しても有休消化はできる?

退職代行しても有休消化はできるのでしょうか?

 

有休は労働者の権利なので、基本的には有休消化することはできます

 

退職代行を利用して即日で退職する場合でも、有休消化分の金銭買い取りができる場合もあります。

 

退職業者側が企業に確認を取ることが業務の一貫になっているため、退職代行で有休消化に関するトラブルは非常に少ないです

 

退職代行業者によって有休消化の扱い方が違うので、各退職代行業者の公式HPを確認するようにしてください。

 

 

退職代行は大企業が相手でも使えるの?

退職することは労働者が決定しますので、基本的に退職企業が大企業だろうが中小企業だろうが関係ありません

 

労働者が平等だからです

 

しかし、大企業には顧問弁護士がついている場合が多く、法律の知識で退職代行が敗けてしまう可能性は否めません

 

 

しかし、弁護士側も「退職できること」自体は知っているので、基本的に退職代行が機能しないようなことはないでしょう

 

損害賠償の請求などに関してもこちらが大幅有利ですので、退職代行が話を有利に持っていく可能性があります。

 

 

退職代行、詐欺の業者はある?

退職代行業者に「詐欺業者」はあるのでしょうか。

 

残念ながら、退職代行業者の中にも詐欺は存在します

 

退職できなかったのに料金を請求したり、異常に高い追加料金で利用者をだまし取ろうとする魂胆が主な退職代行での詐欺方法です。

 

そのため、利用者側も口コミや評判のいい退職代行業者を選択する必要があります。

 

大々的に広告を出している業者なら、退職代行で詐欺の可能性は限りなく0に近いので、まずはサイトなどのレビューを参考にしてください。

 

 

退職代行がクローズアップ現代(NHK)で特集放送予定!

NHKの「クローズアップ現代」という番組をご存知でしょうか。

 

退職代行がクローズアップ現代(NHK)で特集放送予定!

 

事例を取り上げ「現在の状況」を紹介する番組ですが、このクローズアップ現代「退職代行」が取り上げられることが決定しました!

 

 

ブラック企業が横行する社会で、自殺者も出てしまうような環境が、いまの労働環境です。

 

その労働環境から逃げるためにはどうすればいいのかをピックアップするため、退職代行をクローズアップ現代では取材をしています。

 

退職代行の実態や成功例を確認するのにちょうどいい番組になること間違いなしですので、ぜひチェックしてみてください!